「Queer BAR=クィアの止まり木」


<大将が語ります>



 2001年に、僕が「ScarFace」を始めたとき、ScarFaceは「酒場」でした。
 たくさんの人たちに力を貸して戴いて「ScarFaceというBAR」を奈良県大和高田市にOPENしました。
 生演奏があったり、演劇をやったり、小規模なイベントもあったりして、アーティストの溜り場で、それから、一般の方々も集まるし、いわゆる「LGBT」の人たちも集まるし、多種多様な「文化」がごっちゃまぜに混ざりあった「異空間BAR」に育ちました。

 そして、アクシデントが重なった2016年、自宅でもある「錦花楼」という建物の中の「劇団事務所」にムリヤリ引っ越し、飲食店はやめました。今は「秘密基地」と呼んでいます。

 「小さな共同体」としての運転に試行錯誤を繰り返していたところ、2020年、COVID-19の出現。暫くの【休館】という期間も経て、僕は沢山考えて、様々を整理しました。

 誰が何と言おうと、僕自身はQueer(クィア)であり、それは僕が選び取ったライフスタイルであり、病理でもなければ、「仕方ないこと」でもない。そして、そこにはPRIDEがある。【クィア・プライド】です。
 だから僕は、「整理の結果」、ScarFaceは「QueerBAR」なのだと、はっきり言い放とうと思い至りました。

 だってScarFaceは、クィアである僕自身が、「典型的・規範的な在りよう」をしんどいと思い、「逸脱性」に好んで寄り添い、「異常さ」を重要視して、「クィアが居やすい」ように育てて来た場だからです。「言わなくてもわかるでしょう?」という立場は棄てて、「敢えて言います」。
 そして、悪意ではなくむしろ好意から「そんなことは関係ないよ」と言ってくださる「非クィア=ノンケ」の皆様には、「いえ、関係はあります」と、敢えて言わせて戴きます。ゆるふわで曖昧にしていると「迷子」のストレスが高まるだけなので、ここはもう、ストロングスタイルで。

 ScarFaceは「QueerBAR」=「クィアの止まり木」です。今は飲食店でもありません。酒場でなくていいのです。BAR=止まり木。
 クィアたちが「羽根を休める場所」です。「非クィア」の皆様におかれましては、【QueerBAR=クィアの止まり木】だと「承知のうえ」で遊びに来て戴きたいと思っております。

 何卒、宜しくお願い申し上げます。


 主:大将(だるままどか)